エイディーはフジリューの夢を見るか?

藤崎竜作品の感想、妄想を中心に駄文。ネタバレしかありません。

思ったより響かなかったけどフジリュー育ちだからかなと思った「天気の子」感想

 天気の子の結末にふれまくっています。





響かなかった一番の原因は感想ツイートが目に入ってしまうことだけど。
直接的なネタバレはなくてもなんとなく物語わかってしまって驚きは減って、鑑賞中は「そういやこんなツイートあったな」「あのツイートはこの場面のことだったのか」とツイートの答え合わせの気分。

「少年は己の選択に責任を取らなくて良い」という結論は好きだけどその理由が「なぜなら大人は子どもの人生の責任をとってくれないから」というのは世知辛いしなあ。しかも「そもそも人間の営みなんてちっぽけで世界への影響なんてたいしたものではない」というのも身も蓋もない。

とはいえ新海誠監督が日経MJのインタビューで「この30代以上の人間はこの映画で人生が変わることはないけど、10代にとっては1日でも一生でも影響があるはず」ということを話していたとおり、もう自分が「大切なものの優先順位を変えられない」大人になってしまったということなんだろう。

せめて須賀さんのように少年をあまり突き放さない大人になるしかない(ちなみに須賀さんは自分の娘と世界だったら娘を選ぶ気がする)
 

「主人公の選択がダイレクトに世界のあり方を変える」フジリュー作品といえばDRAMATIC IRONYだけど、天気の子と比較するとDRAMATIC IRONYの結末は利己的な選択で世界を変えてしまうことの恐ろしさを突き付けているようで怖い。それぞれには致し方ない事情があるにせよ、身近な人は意志を肯定してくれても、みなが自分のためだけの選択を続けていくと感覚が失われた荒廃した世界になってしまう。

天気の子に対しては「陽菜や帆高みたいに世界のあり方を選択する主人公になったことなんかないし!」と感情移入でききらなかった人間にも、少年の選択をひとごとのように肯定できる人間にも、MANGA機で主人公になれるDRAMATIC IRONYはこれはおまえの物語、おまえの選択だと突き付けてくる。

一人ひとりが世界の行く末に責任を持つことはできないが、それぞれが正しく世界に尽くして次の世代に世界を渡してくことはできる。太公望は、フジリューはそう語りかけてくる。世界のために、未来のために自己を犠牲にするのが美しいのだと。

自分が子どものころから思春期にかけてふれた作品は、そうやって自己犠牲を尊ぶものばかりだったと思う。

でもそうやって人のために社会のためにと思って少年少女が己を犠牲にしてきても世界は決して良くならなかった。

だから帆高は陽菜に叫ぶ。自分のために願って良いと。自分のことを願えるのは自分だけだから。

90年代のジャンプ作品である封神演義では、太公望が世界に尽くして最後には消えかけても太母の力に助けられた。

2019年の現実の日本、東京には神はいない。人が他人を助ける余裕もない。たぶん2020年代も悪化していくだろう。

社会のためにひとりの人間ができることなんかない。「世界ははじめから狂っていたんだから」とうそぶいて自分のために生きるしかない。
せいぜい祈り続けることしかできない。

なかなか世知辛い映画だと思う。
現実の日本が世知辛い時代に進んでしまったから仕方がない。
それぞれができる選択をしながら祈り続けるしかない。

ドラマ「カルテット」の聖地めぐりにも行ってきた

長野ではドラマ「カルテット」の聖地めぐりに軽井沢にも行きました。

 

軽井沢観光協会ホームページと

https://karuizawa-kankokyokai.jp/news/21641/

 

 こちらのブログを参考にさせていただきました。 

sherry5honey7jouer.hatenablog.com

ていうかほとんどこちらのブログめぐり。

屍鬼聖地といい先人のみなさまありがとうございます。 

 

夫さんとぶつかったりのJR軽井沢駅

f:id:shao24ryu:20190506181910j:plain

f:id:shao24ryu:20190506181919j:plain

 


 すずめちゃんと姑さんの密会の地、ユニオンチャーチ。

f:id:shao24ryu:20190506181847j:plain

軽井沢唯一のヴォーリズ建築だそう。例のロマンスのテニスコートのとなり。

石造の教会もヨーロッパ風で素敵ですが、古い木造の教会というのも明治期にキリスト教が受容されるときの日本なりの工夫の産物ということで素晴らしいものだと思います。

軽井沢めっちゃ混んでたのにめっちゃ空いてたのもおすすめポイント。

 

 

カルテット・ドーナツホールのアー写撮影地、タリアセン。

f:id:shao24ryu:20190506185042j:plain

 

 

夫さんが有朱ちゃんを投げ捨てようとした湯川ダム。

f:id:shao24ryu:20190506183932j:plain

f:id:shao24ryu:20190506183851j:plain

f:id:shao24ryu:20190506183917j:plain

 

f:id:shao24ryu:20190506184154j:plain

 

 

f:id:shao24ryu:20190506184033j:plain

ここ、この岩肌がちょっとだけ封神の「どうせなら巨大な味方をつくるのだ!!」の背景っぽいなと思ったけど全然でしたね!

 

オレンジの日産ノートでいらしてる人がいたけど、カルテットめぐりとダムめぐりどっちだったのかな。

 

 

ダムから戻った夫さんを真紀さんが拾った旧軽井沢交差点。

 

f:id:shao24ryu:20190506184729j:plain

 

旧軽銀座は清水恵さんあこがれの原宿・竹下通りのような人混みでした。

ブランジェ浅野屋のパンうま。

 

 

すずめちゃんの勤める不動産屋。

f:id:shao24ryu:20190506185613j:plain

1億円超えの別荘めっちゃあるんですけど。

 

 

すずめ・別府妄想デートの待ち合わせ場所、軽井沢観光会館。

f:id:shao24ryu:20190506185312j:plain

レトロ木造建築!

 

 

妄想デートディナーのブラッスリーシュエット

f:id:shao24ryu:20190506185507j:plain

 

 

矢ヶ崎公園と、

f:id:shao24ryu:20190506185836j:plain

f:id:shao24ryu:20190506185804j:plain

f:id:shao24ryu:20190506185923j:plain

 

大賀ホール!!!

f:id:shao24ryu:20190506190056j:plain

人生ちょろかったー!

 

 

そして一番の目的地、ノクターン

f:id:shao24ryu:20190506190232j:plain

f:id:shao24ryu:20190506191752j:plain

f:id:shao24ryu:20190506190246j:plain

聖地写真ヘタクソ選手権。

 

SNS投稿は禁止ですが、全話台本も置いてあり大はしゃぎ。ドラマの台本て初めて見た。香盤表やロケ地へのアクセスもあるし毎回細かくスタッフクレジットものってるんですね。内容もけっこう変わってる~!

いやそこは脚本集買えや。

 

こちらは実際には燻製屋さんです。

http://www.karuizawa-ibulu.jp/

ドラマのノクターンの中はセットで、飲食はできないのですが試食をさせていただけました。

定番のチーズやお肉もあるけど、メインはしょうゆやオリーブオイルの燻製調味料。

いつもの料理、素材にかければ、ひとくち、いや口に入れずともかおりだけで大満足のお味に。

東京中心に取扱店があるのと、催事に出店もしてるとのことで、お見かけの際はぜひ。

(さんざんはしゃがせてもらったうえに試食もいただいたのでちゃんと宣伝)

 

 

やっぱり実際に行ってみないとわからないことだらけで、現地での印象はドラマとは全然ちがいました。

湯川ダムなんて土地勘なきゃたどりつけないのに夫さんどうやって。

ノクターンも入口は道路と反対側だし、別荘地のなかにひっそりと建ってるわけではなく大きめの道路沿いで向かいは焼肉屋さんだし、木は思ったほどうっそうとしてないし。

f:id:shao24ryu:20190506191405j:plain

この風景をあのおしゃれレストランとして撮影するなんて、ドラマのスタッフさんってすごいですね。

屍鬼聖地でも今回初めて同じアングルチャレンジしてみて、クリエイターさんのロケハンのすごさがわかりました。

 

 

ミーハー心であこがれの場所に行ってみて非実在性をつきつけられるのはつらいけど、それでもまた物語の舞台を求めて、そして画面ではわからないことを感じたくて、また行ってしまうのでしょう。

 

あと車の運転の必要性ね。

松本市歴史の里や湯川ダムへのアクセスもだし、軽井沢と松本は電車だと2時間かかるところ、車だと1時間らしいです。車があれば奈良井宿も行けたかも。あと湯川ダムで有朱ちゃんばりの急バックしてみたかった。

行動力のある女、真紀さん、有朱ちゃんも見習ってね、ヲタ活するためにも練習します。

外場村小中学校と郁美さんちに行ってきた

長野県松本市屍鬼聖地巡礼に行きました!

 

まずは外場村小中学校こと旧制松本高校。

https://www.city.matsumoto.nagano.jp/smph/miryoku/bunkazai/takara/kuni/kenzoubutu/kyumatsumoto.html

 

アニメ「おねがい☆ティーチャー」の高校のモデルでもあるということで、こちらのブログも参考にさせていただきました。

https://blogs.yahoo.co.jp/takatakaon09/9178232.html

作中で繰り返し出てくるので自分はむしろおねティの方がなじみがあります。

 

f:id:shao24ryu:20190506171607j:plain

f:id:shao24ryu:20190506171718j:plain

5巻10ページ、尾崎敏夫編第死話のかおりと昭の扉絵

けっこうローアングル!思ってたよりもけっこうでかい!2階建てだから!あ、でも小中学校にしてはちっさいか。あと角度も思ってたのとちがくて、道路に対して45度。

しかも街中の公園内。ふつうに特急のとまる駅まで歩ける。

 

f:id:shao24ryu:20190506172241j:plain

おねティでおなじみの中庭

f:id:shao24ryu:20190506172304j:plain

圭くーーん!!みずほ先生ーーーー!!!(おねティ)

 

f:id:shao24ryu:20190506180326j:image

見事な本日休館いただきました!

 

おねティ聖地ブログの方も休館だったとのことでショックは少なかったですが、10巻恵の扉絵の景色は見れなくて残念…と思っていたら、のちほどなんと。

 

 

つづいては屍鬼ビジュアルワークスにものっていた松本市歴史の里。

 http://matsu-haku.com/rekishinosato/shisetsu

 

伊藤郁美家こと、工女宿宝来屋。

f:id:shao24ryu:20190506172535j:plain

7巻186ページ他、伊藤郁美家

 

f:id:shao24ryu:20190506173044j:plain

f:id:shao24ryu:20190506173110j:plain

f:id:shao24ryu:20190506173123j:plain

7巻191ページ、昭侵入

小道具の置き場がちがうっ…!

 

f:id:shao24ryu:20190506173756j:plain

f:id:shao24ryu:20190506173808j:plain

7巻192ページ

 

f:id:shao24ryu:20190506174011j:plain

f:id:shao24ryu:20190506173940j:plain

7巻204ページ、土間

 

 

f:id:shao24ryu:20190506174311j:plain

7巻204ページ、8巻57ページ、押入れ

押入れはまさかの外への出口…と思ったら5巻101ページでは外へつながってますね!?

 

 

そして敏夫さんと静信さんの高校こと、松本裁判所。

f:id:shao24ryu:20190506174621j:plain

9巻202ページ、高校生の敏夫と静信の母校

夏野・徹ちゃんと制服ちがうし、2人は溝辺町の高校ではなく私立高にでも行っていたんですかね?

 

これでノルマ達成と思いきやなんと、ここが外場村小中学校の廊下だった!!!

f:id:shao24ryu:20190506174854j:plain

f:id:shao24ryu:20190506174908j:plain

11巻204ページ、結城夏野編第悼と偽話恵扉絵

廊下は旧松本高校じゃなかった!フジリューもまさかの休館!?

 

天気よすぎて逆光だらけですみません。

ほかにも少年刑務所や製紙場もあって、ゴールデンカムイっぽくもあり。

 

しかし周遊バスが1時間に1本なんですよねー!電車もちょっとめんどくさいし。

じっくり角度合わせて写真撮って案内も読むには1時間だとギリギリだし、でも正直2時間いるのはつらいのでとなりの浮世絵博物館もあわせて時間調整するのがよさそうです。松本駅からタクシー乗ったらラクでしたが1700円かかりました。ソロ活だとつらい。

 

最後に、フジリューが松本でワインを買って帰ったとのことで、とりあえずおみやげ購入。赤白不明なので両方とロゼ。

f:id:shao24ryu:20190506175254j:plain

 

 

思っていた景色とだいぶちがったというか、屍鬼やおねティだと田んぼだらけの田舎のなかにポツンと学校があったので、いや松本って都会だと思ってたのにあんな田舎なの?と思ったらやっぱりビルが立ち並んでふつうに都会で。

外場村小中学校も外観と内装のモデルがちがうし、郁美さんちの間取りもモデルの建物と全然違うし、けっこう設定がつぎはぎで。

モデルとなったところへ行くほど、物語の世界が幻の景色だと痛感させられて。

現地に行ってみてかえって外場が架空の村だと思い知らされるのは切なかったけど、屍鬼が特定の場所の話ではなく、普遍的な田舎の物語だと思えたのはよかったかも。

 

あと、聖地めぐりにも電子書籍便利ですよ。

あらかじめブックマークできるし、もれてたとこも現地や移動中に確認できるし。

ぜしぜし。 

 

 

封神演義カラー版刊行開始

ヤンジャンアプリで連載されている封神演義カラー版の電子書籍が出ました!


 

 

 

 

Kindle以外にも各種書店から出てるみたいです。
本日2019年4月1日にまず1〜3巻。
毎月3冊ずつ刊行されたら11月には全巻そろいますね。

Kindleって専用端末でなくても今このブログやTwitterをご覧のiPhoneAndroidタブレットやパソコンからでも読めますので!ぜひ!
たぶん試し読みもできます!もちろんヤンジャンアプリでも!

いくら売り上げ貢献するためとはいえもう単行本持ってるからな〜って方もカラー版ってことで、いかがでしょう?
元からフルカラーのページはフジリューカラーのオリジナルのまま、2色カラーは再着彩されてます。

センクロもがんばってますので令和時代も封神推してきまっしょい。

ほぼ自分用封神ミュージカル覚え書き

 

 

shao-24ryu.hatenablog.com

  

四不象の話だけでは終わらんよ。

 

忙しい人のための封神演義なのに漫画必修という高度な作品で初見はついていくのに必死だった。

シン・ゴジラみたく細かくセリフや間をつめてて密度がすごい。「まさか妲己とこんなところで」のあと「格闘」を省略
してプロレスはじめたときは「いや自分はわかるけどこんな省略の仕方する!?」って驚いた。

最初は場面間の間がもっとほしかったけど、回数重ねるとだんだん情報量の多さが心地よくなってきて、3時間たつのがあっという間になっていった。脳みその刺激のされ方が、インセプションにちょっと似てる。 セリフが次の場面のセリフに連想のようにつながるのは少しエンデ「鏡のなかの鏡」風。

ふだんライブに行くと余韻と自分の目で見た光景を上書きしたくなくて映像も音源もあまり鑑賞しないけど、目覚めは映像とCDが早くほしい。情報がもりだくさんなので何回も見ないとわからない。目が足りない。

キャラは全体的に仙界伝っぽかった。妄想だけど制作時期の関係で覇穹ではなく仙界伝だけ参考にしたのかな。出来の良さではなく。

実は見れば見るほどキャラの解釈ちがいや言葉づかいが気になるけど再演で修正可能だし作品として成立してるだけでまず満点で演出と曲がかっこよくて満点で演技がよくて満点で面白いので満点だから10000点です。

仙界伝同様解釈ちがい多々で決して万人受けはしないけどフジリュー封神の解釈・翻案として大アリ。個人的には外伝よりアリ(どうしてこうなった)
フジリューに見てもらいたいなぁ。


・曲
かっこよかった! 1曲目は覇穹風の古代中国っぽい重厚な曲をキャスト総出で歌って引き込まれた。全編その調子にならないかとも心配したけどバラエティ豊かな曲でフジリュー封神の古代中国的要素やアニメ要素やポップな要素や様々な面が表現されていてよかった。

何年も読み込み続けて身にしみついたセリフの数々がそのまま曲にのっているのも感動。駄文といい、フジリューは言葉づかいのセンスもいいと思っていたのが実証されてうれしい。曲がついて一番感動?驚いたのはへべれけなので悪徳ロリータもお願いします楽しみです。


・アンサンブル
太公望役橋本さんもブログで一番に挙げるぐらい、この作品の要のアンサンブル。一番忙しいしたいへんだったはずだけどみなさん安定感あって素晴らしかった。 「すべてアナログで表現」という点は不安だったけど迫力があってぜんぜん見劣りするものでなかった。むしろ、最新技術とちがって古びる心配がなくてよかったかも。転換の面からもアナログ、人力演出のほうが盛れるのかもしれない。
賈氏と黄氏でウィッグつけてほしかったけどそんなヒマがないよねって許せる。


太公望
仙界伝よりの青くさい太公望。「じゃ」問題は自分の耳が悪くて「だ」が「じゃ」に聞こえているんだと自分に言い聞かせた。声も無理してる感あって、もう少し地声でもいいと思った。

でもボケと真摯の振り幅とアドリブの大暴れで太公望としてわりと安心して見れた。
72歳という太公望の年齢を考えると、年齢にとらわれず演じられるし年齢を重ねて演技が変わっていくのもおもしろいと思うので放浪記的にライフワークとして演じ続けてほしい。

意外と他キャラのアドリブには弱いのも、物語当初のクセの強い仲間に振り回される太公望らしいともいえる。
前楽人工呼吸ぜったい映像収録してください。


・楊戩
声が楊戩。千葉さん中村さんかと思うぐらい楊戩。
安里さんが太公望と役同士、役者同士の関係性が似ているかもとおっしゃってたけど、実際カテコで言葉につまる橋本さんをすかさずフォローすることもあってますますリアルに楊戩だったし歌も安定していて実写版天才道士でしたありがとう。
序盤から太公望をつけ回しているのも説明がわかるやすくなりつつ役者さんの出番をふやす配慮で2.5次元なるほどと思った。2.5次元俳優さん忙しい。

変化方法はバリエーションあって面白かった。
元始天尊さまのとこに参上して曲イントロが始まるところは完全にアニメ1話のED入りでした。ずっと見たかった名作アニメ封神演義1話がここにあった。
目覚めの構成でアニメつくれそうつくってほしい。


・哪吒
火尖槍チャッカマンやん、バイカラーやめてと思ったけど1階席で見たらかっこよかったです。 風火輪も光GENJIやんと思ってたけど1階席で見たらかっこよかったです。飛ぶ姿勢がよい。
哪吒パートネタ回といわれてるけど、漫画では直接内面描写されることが少なかった哪吒の葛藤がクローズアップされるのは新鮮だった。太乙の「レーゾン・デートル」発言けっこう唐突に感じてたけど今回ですんなり入ってきた。
敵役出演もお疲れさまでした。

 


・黄天化&姫昌
仙界伝チックのロックスター天化。
今回初めて気づいたけど、太公望の仲間は死にかけるか親に捨てられたりしている中、天化はずば抜けて成育環境が恵まれている。ほかのだれでもなく過去を背負っていなかった天化がじわじわ迫る死を与えられたのは必然だったのかもしれない。

スポーツマンでありながら喫煙者、クールな表面の奥底に執念じみた情熱を持つ天化に長期連載のなかでフジリューが込めたものが重すぎる。愛するがゆえの戦いとはフジリューが天化を愛するがゆえなのでは。

今回内面描写はあまりないので続編でクローズアップされるの活躍楽しみ。このさわやか天化がいつか朝焼けのなかで刺されるんだよ…。

姫昌は顔も立ち姿もうつくしすぎる。


・武吉
削られがちだけど四聖戦には欠かせないと再認識させてくれてありがとう。
武吉も、スープーといっしょにマスコットに扱われがちなので重い部分が取り上げられていてよかったつらい。
蟇盆パーティー妲己手下役でいたよね?意図ある配役ではないと思うけど重い。

お父さんの「年老いた妻」発言はずっと引っかかった。息子はともかく夫はそんな表現しないのでは。そもそも武吉の年齢わかんないからお母さんがかなり年老いてるのふしぎなんだけど。
漫画はセリフでさらっと説明してたから流せたけど武吉父は羌族なのか?


・黄飛虎
黄飛虎も仙界伝的にわりと真面目だったというか、ホントボケるすきないからね。
漫画は豪快親父、仙界伝は生真面目ミドル、目覚めは天然入ったお父さん。ちょっと冗談通じない。天化曲の叫びが謎でおもろい。


・太乙真人
元からメタキャラなのでで説明役を担ったのは納得。カメラ目線ネタはさむすきはなくえもヘタレ感はのこる。
アドリブで融通きく俳優さん好き。
なんでニューカレドニアなのかわかる方教えてください。


妲己
妲己ちゃんが存在した!かわいい、身のこなしが妲己ちゃんで歌うまくて踊りも素晴らしい。
出ずっぱりでうちの楊戩がすみませんという気持ちだった(もちろんうちの楊戩ではない)

きゃぴきゃぴしてて漫画ほどの大物感はないけど操り人形だった仙界伝よりは強そう。妲己ちゃんにしては激しく物理つっこみしてたけど「支配者タイプっス」のセリフなかったのでつじつま合ってる。
この妲己ちゃんなら「申公豹ちゃん」「武成王サマ」呼びしそう。

 

 

・紂王&殷氏
兼役いじっとかないわけにはいかないけど、男か女かわからんなんていじり方せず女形として扱ってほしかった。フジリューは見た目や性別についてはあまり文字ではギャグにしてないのよ。
案外、殷氏のずれたキャラからそんなに遠くなかったし作中の扱いがもっとちゃんとしてれば哪吒パートギャグ扱いされなかったのでは。殷氏、肉の塊呼ばわりされてキレそうな気もしてきた。

まっすぐな立ち姿のなかにへたれっぽさをただよわせる紂王もよかった。早く牧野で暴れてください。


・四聖
王魔と高友乾が王魔と高友乾だった。
楊森はおまえそんなアクティブに回し蹴りできたのか。
今作はなにより李興覇の腰が心配。拌黄珠は1階席鑑賞後も笑った。もっと大きいほうがいいと思うけど取り回したいへんだろうしなぁ。
王魔と李興覇飛んでほしかったけど、だからってもの足りないとは思わなかった。飛んでるすきもないよね。


・申公豹
道化要素が前面に出てて意外だった。もっと物語を俯瞰した語り部になるかと。 それは仙界伝のイメージが強いからだし、歌って踊るのイメージがなかったのも仙界伝のイメージ。

黒点虎がいないのにひとりハイテンションにしゃべりまくって歌って踊るかわいい申公豹だった。 琵琶の持ち手変わるのも道化だからいいかな(貴人ちゃんの出番多いのはうれしいけどあんまり楽器扱いするのは妲己ちゃんいいのか)
次はぜひ横に黒点虎ほしいね。


・聞仲
予想外に力のこもった感情的な聞仲だった。
味方サイドや中立・解説キャラでなくラスボスが最初に歌い出したのは意外だった。歌唱力の説得性かな。

 

 

・四不象
前記事だけでは足りてなかった。
四不象を持ち変える吉原さんの手つきがあざやかで、見ててもどうなってるかわからなかった。

太公望といっしょにカテコに応えるのが本当によかった。外伝といい、太公望にとって四不象がどれほどかけがえのない存在か体現してくれてありがとう。スープーをやさしくなでる太公望もぼかすか殴る太公望も好きだよ。
前楽人工呼吸ぜったい映像のこしてください。

 

キャラについてはこんなもんかな、書き忘れたくさんありそう。

あとは、役者さん同士の関係性や過去の役を鑑賞時に持ち込むのは役者さんや作品に対して失礼だと思ってたけど、若い役者さんがメインとなる2.5次元ではあまり気兼ねなく鑑賞視点にふくめられると感じた。特撮同様、役者さんの成長や可能性というのを重ねずにいられない。

作品の継続が望まれるしあると思い込んでるのでなおさら(少しずつつくっていく予定って本当かな?やった!)

「じゃ」問題、キャバクラなんかも再演時に修正可能だし、漫画や小説やアニメとちがってそこが生ものたる舞台のおもしろいところなのかな。

そういう部分もふくめてできればキャスト続投での再演待ってます。

 

 

 

追記

書きもれだらけなので思い出したら追加していく。

フジリュー封神を理解するために原典に立ち返った仙界伝に対してとにかくフジリュー封神を深めた目覚め、という感じだった。

・少ない観劇経験のなかでもこれよりなんたもいえない気持ちになる舞台やライブけっこうあるので目覚めのクオリティーと安定感ホントよかった。

・武吉っちゃんの身のこなしの軽さが武吉っちゃん。

・天化の千秋楽アドリブ「それぜったい幻聴さ」がものすごく天化がいいそうだった。