エイディーはフジリューの夢を見るか?

フジリュー作品の感想、妄想を中心に駄文。ネタバレしかありません。

覇穹 封神演義スペシャルイベント 昼の部レポート

2018年9月23日(日) ベルサール高田馬場 イベントホール 昼の部: 開場/13:00 開演/14:00出演者は小野賢章さん(太公望)、櫻井孝宏さん(四不象)、古川 慎さん(哪吒)、中村悠一さん(楊戩)、KENNさん(黄天化)、細谷佳正さん(黄飛虎)、島﨑信長さん…

封神演義 外伝 5話 感想

2018/5/31(木) ヤングジャンプ26号扉の孔宣、色紙の太公望じゃん!色紙のアクティブ太公望どっから出てきたwwって思ってたら外伝からかよwwwと思ったけど別に重なりはしなかった。— 小@ズボライブ最高 (@shao_pappy) 2018年5月31日 ずっと「祭りの騒乱のあと…

封神演義 外伝 4話 感想

2018/5/24(木) ヤングジャンプ25号 良かったことは噛みしめてただ良かったとしか発語できず、嫌なことほど自分の考えを整理して気持ちを落ち着けるため言語化してしまう。これが文句しかいわないヲタクの発生原因。 1話目「正しいはきゅー」、2話目「バック…

リミックス3巻と覇穹1巻のジャケットが良い

デザインを担当させていただいている封神演義リミックスが第3巻まで発売されました!藤崎先生の繊細なイラストに合わせて賑やかな表紙になるように毎巻工夫しています。全巻揃えた時の見応えをご期待ください! #封神演義 pic.twitter.com/0QnJyD9MWx— Y's C…

覇穹 封神演義 第6話感想

2018年2月16日(金)放送 第6話「老賢人に幕は降り」◆脚本:大草芳樹 ◆絵コンテ・演出:渡辺正樹 ◆作画監督:向山祐治・門 智昭 西岐では姫昌が病に倒れていた。もしもの時のため、息子である周公旦から「次男の姫発に会ってほしい」と頼まれる太公望。跡継ぎ…

覇穹 封神演義 第5話感想

2018年2月9日(金)放送 第5話「二つの道」 ◆脚本:高橋ナツコ ◆絵コンテ:竹之内和久 ◆演出:立仙裕俊 ◆作画監督:遠藤大輔・塚越修平・山中いづみ 武成王一行を救出するため駆け付けた太公望たち。その前に立ちはだかる聞仲の放った刺客・九竜島の四聖。太公…

封神演義ジャンプリミックス表紙が2巻も最高

本日(2日)集英社ジャンプ・リミックス「封神演義 2」がコンビニほかにて発売です!TVアニメと合わせてこちらもぜひチェックしてみてくださいね。#hoshinengi_tv pic.twitter.com/T4YktTgIPN— TVアニメ「覇穹 封神演義」 (@hoshinengi_tv) 2018年2月2日 2巻…

「覇穹 封神演義」へのスタンスについて  

自分の狭いTwitterタイムライン見てるだけでも覇穹への評価は様々で、似たように原作・フジリュー信者の方だと思っていても自分にはない視点の批評ばかりだし、素直に楽しんでらっしゃる方もいる。 仙界伝への評価もわかれている。 つらつら恨み言をツイート…

覇穹 封神演義 第4話感想

2018年2月2日(金)放送 第4話「武成王造反」 ◆脚本:大草芳樹 ◆絵コンテ・演出:神保昌登 ◆作画監督:渡邉亜彩美・江森真理子 殷の西部・西岐で、なぜか兵士に農耕の指導をしている太公望の姿が。 実は太公望、西岐で軍師の役職に就いていた。 それは、遡るこ…

覇穹 封神演義 第1話メモ

2018年1月13日(金)放送 第1話「封神の書」 ◆脚本:高橋ナツコ ◆絵コンテ:相澤伽月 ◆演出:相澤伽月 ◆作画監督:遠藤大輔・長谷川早紀 紀元前11世紀、殷の時代ーー。 悪しき仙女・妲己によって、殷の皇帝・紂王は傀儡と化していた。 人間界の混乱を収める…

覇穹 封神演義 第3話感想

2018年1月26日(金)放送 第3話「楊戩」 ◆脚本:大草芳樹 ◆絵コンテ:葛谷直行 ◆演出:福島利規 ◆作画監督:井口忠一・志水よしこ 太公望と四不象の前に、禁城にいるはずの妲己が突如現れる。 予期せぬ襲来に慌てふためく太公望たち。 しかし、それは仙人界で…

『悪友 東京』を読んで

以下キモ長い自分語りです。 劇団雌猫さんの『悪友 vol.3 東京』が関西の自宅に届いた日、入れちがいで東京にいた。 ライブとフジリュー会が目的だったが、前夜の覇穹1話感想やとらのあなの封神文庫キャンペーン情報収集でずっとTwitterを見ていてひさびさの…

覇穹 封神演義 第2話感想

2018年1月19日(金)放送 第2話「哪吒」 ◆脚本:高橋ナツコ ◆絵コンテ:相澤伽月 ◆演出:立仙裕俊 ◆作画監督:番 由紀子・渡邉亜彩美・山中いづみ 妲己の策略の前に、自らの無力を思い知らされた太公望。強力な仲間を作るはずが……ボケーッと釣りに明け暮れる日…

封神演義ジャンプリミックス第2刷表紙が最高

血界戦線ジャンプリミックスの表紙がめちゃくちゃスタイリッシュでこっててかっこいいのをめちゃくちゃうらやましがりながら今回は期待していなかった封神リミックスの表紙が、予想外にめちゃくちゃかっこよくてうれしいです。 本日発売のジャンプリミックス…

銀河英雄伝説原作1・2巻感想

昨年中には読み終わっていたのですが。 以下かなりネタバレです。

銀河英雄伝説17話感想

#017 ヤン・ウェンリー大佐 第六次イゼルローン攻略戦 出発 ヤンが出勤! ――と思ったらキャゼルヌ先輩と帰宅して自宅で会議でした。 ヤン、キャゼルヌ、ユリアンの会話は本当に和みますね。 スイッチを押す重大任務を果たす猫元帥も最高にかわいいです。 自…

銀河英雄伝説16話感想

#0016 ヤン・ウェンリー大佐 惑星ハイネセン 第六次イゼルローン要塞攻略Ⅰ ずいぶん間が空いてしまいました。 先日発売された2巻にこの16話が収録されていました…。 コミックス特典や原作感想、フジリューの世界観やらまだ書きたいと思っているのでがんばっ…

銀河英雄伝説15話感想

ついにヤン登場!!とってもとってもとってもやさしそうですね!!!原作読んでも、ヤンにこんなにやわらかな印象はありませんでした。もしくは本編までにユリアンに甘やかされまくってオーラが抜けるのでしょうか。エル・ファシルのエピソードを改めてやる…

銀河英雄伝説14話感想

意外にもラインハルト編、一旦終結。この姉上訪問は1巻のエピソードも混じって(あるいは完全に移動してきて)いますね!単純に時系列順にやっているわけではないとわかってほっとします。ラインハルト(とキルヒアイス)編をしめくくるのに ふさわしい話で…

銀河英雄伝説13話感想

ラインハルトとキルヒアイスの初陣も決着です。長かったけどシメはあっさりでしたね。 …ほかにはあまり感想ないかな。 読者には犯人が明らかにされていたのでとくに新情報もなく。ラインハルトあいかわらずお姉ちゃん好きねー。 フーゲンベルヒ伍長が頭を撃…

文庫版『封神演義』5・6巻発売!

発売日に買えました~!6巻に文庫版初のおまけページがありましたね!おまけっていうか調整ページだけど!描き下ろしじゃなくて完全版カバー下のラフだけど! 完全版はカバーかけちゃっててラフ見づらいので助かります。 銀英伝1巻発売は2/19(金)だそうです…

銀河英雄伝説12話感想

遭遇戦ようやく終結です。戦いも一段落、補給を済ませてひと息ついてさあ帰還、と思いきや――。やたらとキルヒの顔がりりしく見えます。 目がぱっちりしてきた? ラインハルトに引っ張られてきてる?(フジリューが)8話の最後にエネルギー切れが発覚してから…

斉木楠雄のΨ難

斉木の176・177χが非常にmilk junkieでした。 あいかわらずフジリュー進みすぎ。「プロポリス」あたりもなんとなく封神の「ナマステ」を思い出す…のはさすがにこじつけです。最新のジャンプなのでまだコンビニとかにあるかもしれませんよー。 コミック文庫の…

銀河英雄伝説11話感想

いよいよはじまったラインハルトとキルヒアイスの戦い。策はというと、分断のち各個撃破という蓋を開けてみればシンプルなものでした。つっても読むまで予想つきませんでしたけどね!原作2巻まで読み終えたのですが、やはりこのパターンが多いです。 数で劣…

銀河英雄伝説10話感想

決意の10話。 前回に引き続き戦略を練るラインハルトの表情は冷徹に生き生きとしています。反対に、ラインハルトに手を汚させまいと思うキルヒアイスにはまだ弱気がのこっています。そしてふたりで放つランチャー。 えーと、WILD ADAPTER6巻でした、はい。WA…

クレオールに行ってきた

屍鬼ビジュアルワークスでも紹介されていた、 喫茶店クレオールのモデルでもありフジリューの元仕事場の1階に入っているお店に行ってきました。 あんまり大っぴらになっていないようなので名前は伏せますが、 ググればすぐわかると思います。 地下なので内装…

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」感想

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))作者: フィリップ・K・ディック,カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン),浅倉久志出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1977/03/01メディア: 文庫購入: 70人 クリック: 769回この商品を含むブログ (435…

銀河英雄伝説9話感想

ラインハルトでなくキルヒアイスがうわごとを言っていた。横にいるのにラインハルト(とアンネローゼ)の幻影を見ているかのよう。この人ラインハルトとアンネローゼのことしか考えてないですよねホント。極限状態に陥っているとはいえふたりっきりになり、…

銀河英雄伝説8話感想

もとから世界観考察はのんびり書く予定でしたけど あまりに忙しく、書き進めることもままなりません…。きっと年内には…。 8話もすでに先週のことですが。やはり惑星カプチェランカはスター・ウォーズⅤの雪の惑星を連想してしまいます。 ラインハルトが遭難し…

アメ村にサル

閑話休題。 大阪・アメリカ村にサル出没 3時間後、吹き矢で捕獲http://www.asahi.com/sp/articles/ASHD26F3RHD2PTIL01W.htmlこの記事がLINEだと いや~、今日までアメ村やアメ横が アメノウズメである可能性なんて考えてなかったですね。