エイディーはフジリューの夢を見るか?

フジリュー作品の感想、妄想を中心にいろいろ駄文。ネタバレしかありません。

短編

斉木楠雄のΨ難

斉木の176・177χが非常にmilk junkieでした。 あいかわらずフジリュー進みすぎ。「プロポリス」あたりもなんとなく封神の「ナマステ」を思い出す…のはさすがにこじつけです。最新のジャンプなのでまだコンビニとかにあるかもしれませんよー。 コミック文庫の…

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」感想

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))作者: フィリップ・K・ディック,カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン),浅倉久志出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1977/03/01メディア: 文庫購入: 70人 クリック: 769回この商品を含むブログ (435…

藤崎竜作品における世界観の考察①―平行世界―

フジリューのデビュー作「WORLDS」はストレートに 平行世界(パラレルワールド)がテーマでした。同じ顔をしたちがう人間が存在し、 常識も科学も異なるふたつの世界。まさにWORLD"S"です。このほかにも平行世界ないし別世界というものが フジリュー作品には…